Hatena::Groupqulaxics

Qulaxics_日常意匠研究室

日常意匠研究室:C3110

ここは「暮らし」の学を標榜する研究室の連絡用グループです。「労働」の対義語としての「生活」の学ではなく、「仕事」がその重要な一部である「暮らし」の学を目指しています。

2018年度末卒業を目指すゼミ活動

2018年度_夏学期_毎週木曜1320〜.
寄合&茶話会(ハンダラ講)
2018年度_春学期_毎週火曜1320〜1450.(=>木曜午後へ移行予定)
論文を解剖+α(ハンダラ講)
2018年04月06日学年別ガイダンス終了後.
年度明け初寄合
2018年02月21日1500〜.
ミナライ講始末&春休み課題相談
2017年度_冬学期(年明け)_毎週木曜1640〜.
越年課題のレベルアップ(ミナライ講)
2017年度_冬休み.
越年課題:身近で観察できる初春のしつらいを取材して報告する
2017年度_冬学期_毎週木曜1640〜.
お試し調べモノ(ミナライ講)
2017年度_秋学期_毎週火曜.
顔見世エクササイズ(ミナライ講)
2017年08月10日.
キック・オフ・ミーティング

対外活動記録

2018年02月25日:京都民俗学会第304回談話会(第9回卒業論文報告会)@立命館大学衣笠キャンパス
金濱夏央「文化財復原整備にまきこまれたモノグラフ研究」
2017年02月26日:京都民俗学会第295回談話会(第8回卒業論文報告会)@立命館大学衣笠キャンパス
大川内麟太郎「ローカルヒーローのマスクにみる技術進化」
2016年05月22日:日本生活学会第43回研究発表大会@立教大学新座キャンパス
青木裕平・土居浩「家型墓石へのアプローチの再検討―群馬県安中市における石堂の事例から―」
2016年03月26日:日本民具学会+日本生活学会+道具学会第2回「三学会共同シンポジウム」@早稲田大学西早稲田キャンパス
土居浩&日常意匠研究室「コイン精米所を巡る考察―そこへ足を運ぶわけ―」
2015年03月07日:京都民俗学会2014年度卒論報告会@佛教大学紫野キャンパス
八ツ代真一郎「解体屋の現代史―1980年代以降を中心に―」
2014年03月09日:日本民俗学会2013年度卒論発表会@跡見学園女子大学文京キャンパス
嶋一茂「近年における喫煙空間の実態について―高崎線沿線を中心としたパチンコ店の事例―」
2014年02月22日:京都民俗学会2013年度卒論報告会@立命館大学衣笠キャンパス
柴崎友江「大道具の知識を得る方法についての研究―東京の高校演劇部を対象として―」
2013年03月10日:日本民俗学会2012年度卒論発表会@跡見学園女子大学文京キャンパス
水口麻緒「埼玉県小川町上古寺地区の歴史はいかに書かれたのか―エンエンワの記述を中心に―」
2013年03月02日:京都民俗学会2012年度卒論報告会@キャンパスプラザ京都
後藤優也「秋葉原のストリート研究序説―歩行者天国を中心として―」
2012年03月11日:日本民俗学会2011年度卒論発表会@成城大学
井上雄介「高円寺阿波おどりの時代による変化―江戸浮連を中心として―」
長谷地明仁「小栗上野介忠順顕彰の研究―普門院と東善寺のモニュメントを中心に―」(→発表要旨は上記リンク先に掲載)
2011年03月13日:日本民俗学会2010年度卒論発表会@成城大学(東日本大震災のため中止)
黒田達彦「現代日本におけるパワースポットの基礎的研究-出雲地方の須佐神社を中心に-」(→発表要旨は上記リンク先に掲載)
2010年03月14日:日本民俗学会2009年度卒論発表会@成城大学
小泉一樹「技能伝承現場を支える構造-西富囃子のモノグラフを中心に-」(→発表要旨は上記リンク先に掲載)。
2009年03月08日:日本民俗学会2008年度卒論発表会@成城大学
岩澤友作「ライブハウスの現状と歴史についての基礎的研究」(→発表要旨は上記リンク先に掲載)。
2008年11月09日:2008年人文地理学会大会@筑波大学
土居浩・西訓寿「ライトノベルのトポグラフィ/グラフィティ」(ポスター/発表要旨
2008年03月09日:日本民俗学会2007年度卒論発表会@成城大学
飯島賢介「町工場でのブラケット製作におけるモノグラフ」
2007年03月11日:日本民俗学会2006年度卒論発表会@成城大学
金子隆司「茅葺き屋根修復のモノグラフ研究」